YTK同盟通信

冬から夏へ・・なぜか季節の感がないまま、もう7月になりましたね。
昨年の一年もコロナに人生を奪われ、収束どころか、さらに深刻さが増してきました。同盟のみなさん!いかがお過ごしですか?今度はウイルス対策として出したファイザー製ワクチンが、凶器になっております。これは陰謀論ではありません。

結論から言いますと、まだワクチンを打っていない方は、即キャンセルか打たないでくださいね。その理由を書い摘んで挙げて見ましょう。

まずは情報からです。4~5日後に即死する方が沢山でています。血液が急に固まったり、呼吸が困難になるそうです。日本で購入したワクチンを、台湾政府にプレゼントしたのですが、台湾で打った方の内、もう6人が亡くなったそうです。イギリスではパイロットに打ったのですが、3人のパイロットが翌日死亡したとのことです。世界中の善良な科学者が、このワクチンは即刻に取りやめるように警告を出しております。まだまだ沢山の被害報告が出されておりますが、ここで止めます。

、こんどは生物学的見地から述べて見ましょう。このワクチンはRNAを含んでおり、RNAは自己のDNAが作る物なので、他から持ってきたRNAはだれのものなのかが解りません。これを注射で打つと血液に乗り体中に拡散していきます。他人のRNAが入ると自分のDNAが狂ってしまいます。60兆個の細胞が新陳代謝により各細動が全て入れ替わるのは2~3年は掛かりますが、その頃になると本来のDNAが狂ってしまいます、丁度遺伝子操作をされた植物の様に特定な処は異常発達しある部分は急激に退化する・・と言った現象が起き、こうなったら今まで相性の良かった免疫機構や恒常性にまで狂いが生じ、医学も科学も手に負えない病体になる、との警告です、

、今のワクチンは打っても全く意味の無い物なんです。打った後コロナの陽性が出ないか?と言えば、本来ならでないはずなのですが、却って陽性になる方が出ているのです。また、いま罹っている方には治す効果も、消す効果もありません。これから罹らない為、というものですが、ウイルスのスパイクが変わると(変性すると)今のワクチンでは何の効果も出せません。・・ここを知っておいてください。

、今度はワクチンを打った方が強力なウイルス保持者と認定されることになりました。外国への渡航も飛行機の搭乗も拒否されるでしょう。
**これが、現在のワクチンの現状です、それでも強いてやる方は本人の意思なので止めることはしません。

氣億水を朝晩ボデイと頭部に付けるだけで、第三のバリヤーが働き、どの様なウイルスもこれには勝てません。そして無害です。同盟のみなさん!ぜひ聡明な判断を持って、この難極を乗り越えてください。行政の指示は気を付けてくださいね。

キユケンYTK同盟 代表 宮田 環太郎。


追伸
今日は7月21日ですが、コロナ株が変形して、デルタ株・・・・またラムダ株などが、英国やインドに広がっております。ラムダ株はその毒性が強く掛かった人の約10%が死に至るとの報告が出されています。今迄のワクチンでは手に負えないのです。
 これこそ第三のバリアーで防御するしかないですね。

 賛助会員&YTK同盟の皆様、北海道も桜が見ごろの季節になりましたね。
みな様には如何お過ごしでしょうか?・・「コロナ騒動で花見やゴールデンウィークどころじゃないよ」とおっしゃる方が沢山いるようですね。今回はこのコロナ禍についてもっと掘り下げて話して見ようと思います。

コロナウイルスは、世界を牛耳る陰謀団が仕組んだ 人類殺滅のある1シーンだ言うのです、この組織の大元の中の1分野にWHO世界保健機構、があります。その傘下に日本の厚生省があり、それらの指導の下に日本医師会や製薬会社が手を組んで、政治家の大物はこれを守っているのです。

つい、2週間ほど前にロシアの医師団が、コロナウイルスで死亡した十数人を解剖した結果、コロナウイルスで死亡した方は皆無だったと言うショッキングな報告がなされました。この事についてWHOからは「これで死亡した場合は、決して死体解剖はしてはならない!」との強い御達しが出ていたそうです。 ロシアの医師団はこれを破って、その事実の結果を緊急報告したものです、勇気がありますね。

これは生物兵器なのですが、これを作った張本人グループの一員にかの有名なビル・ゲイツが大きく関わっています、彼はパソコンのOSマイクロソフトの創始者ですが、このゲイツも陰謀団の強力な一員でもあり、中国・武漢研究所にも指示を出来る立場でした。

2-1 ビル・ゲイツの立場では、何が目的だったのか・・・?というと全世界の人々に自分が指示をしたワクチンを打たせる事だったのです。このワクチンは彼の悪名高いファイザー製薬から出荷されたものですが、この開発にはイギリスの研究者が開発したことになっていますが、その方は中共の方で、イギリスに国籍を置いている方です。ですから、この処方箋は中国の方が処方して、ファイザー製薬が製品にし 出荷に至ったものです。

2-2 このワクチンはコロナに対しては効果は未定ですが、ワクチンを投与した方が5日目に、コロナ陽性反応になったとの報告がありました。これは効果の無かった証拠ですね。

2-3 ワクチンではすでに陽性になった方は直すことは出来ません。さらに新型の変異ウイルスならさらに新しいワクチンを開発しなければならないのです。

ヒル・ゲイツの目的はワクチンは効かない方が良いのです。コロナウイルスに対して3回も投与するのですよ!。3回目にはゲイツ目的のマイクロチップ入りのワクチンを打つことになって居ました、このチップが体に入ると、操作側の意思によって、その人の行動や体の調子や精神状態を悪化させたり、操ることも出来ます。もう、人間が人間では無く暴徒化することも狂わせることも出来るんです。操作側にとっては麻薬以上の利益と人間を奴隷化することの快挙がたまらないでしょうね。もう個人としての人格も自由も維持できなくなるでしょうね。

3-1これが解ったとしても、各国の政治家や著名人までもが それらのグループに所属してしまった今では各国がこの悪法を法制化してしまい、国家や警察のトップまでもがこの傘下に所属されているために、正義は全て骨抜きにされ、利用されているのです。

3-2 この悪の組織をデープスティート(DS)と呼んだり「闇の勢力」とも言います。
  理不尽なことや、悪いことが解っていても、それが常識化され法律もそれを通す様になっている事がままある事は皆さんも氣付いる事でしょうね。

3-3 コロナ禍の自粛や制限は、これのテストパターンなのです。国民のバカな皆さんがどれだけ政府の考えに利用されやすいか?や、恐ろしさを植え付けて、どこまでワクチンを打つ準備が出来るのか?を験しているのです。そのためには少しばかりの協力金を出して皆さんを飼いならしているのです。これはマスコミも一体ですから、この情報は一切報道はしません。この闇の勢力に一番に行動しているのはマスコミ・報道機関なのです。新聞。テレビ、ラジオ、各報道アプリなどがこぞって悪の勢力なのです。皆さんにはこの事だけでも知って置いて下さいね。

4   今度はこれ破壊し新しい社会秩序を構築するために、「光の勢力」が出現しました。
  この総指揮を執る方はアメリカ前大統領<ドナルド・トランプ>氏です。彼は大統領になる数十年も前からこの計画を持っていました。そして、2018年頃から、DSへの解体の行動に出たのです。

4-2 今はこの世界の第三次世界大戦の渦中です、表向きは中国共産党(ジェノサイド=人道殺滅・破壊組織)として、その外堀から破壊し攻めて行ったのです。もう90%以上は勝利しました。

4-2 もう間もなく「光の勢力」側の勝利宣言がDSだったマスコミまでもが、「世界緊急放送」が強制され放送されます、この時はDSや闇の勢力の陰謀が全て暴かれ、それに加担した人たちの人名迄もが公表される様です。この時は世界がひっくり返るようない大騒ぎにまるでしょうね。

  もっともです、今までの常識がまちがっていたのですし、これが自ずから氣付くのですから・・・。

   賛助会員&YTK同盟の方はコロナワクチンは打たないでください。身体に被害が出来ても助けようがありません。打った方は5年以内に狂ったように死に至るようです。氣億水を処方通りに使って居ればどの様なウイルスにも対抗ができます。ぜひ頑張ってくださいね。

5-1 光の勢力が勝利宣言した後は、アメリカの法律で制定されていた、ネサラ・ゲサラという法案に移行され1人に付毎月20万以上のベーシックインカムが発動します、私もここに協力していますので、皆さんには推薦することが出来ますので、それまでお待ちくださいね。

  コロナも恐れることはありません。何よりも健康で生きることに重点を置いて下さい、とってもいい時代がもう目の前に来ているのですから・・
キユケンYTK代表  宮田 環太郎。

賛助会&YTK同盟の皆さん、お元気でお過ごしですか?

巷のニュースでは、未だにコロナウイルスに新種が出来たとか、自粛要請も解除になり、そのために更に深みが始まった・・との逆説を堂々とフェイクする政党やメデイアも沢山見られますね。
ここで、コロナウイルスとその生態と氣億水の関係を再度お伝えしたいと思います。
当方は(弊社はと書くのだと思ますが)氣癒の会治療研究所でここが出発の拠点です。

 氣億水が出る前はAWGを中心とした治療を行っておりました。そして波動と言う分野も極めておりました。サプリメントを取り入れ一般的な治療院を行っていたのです。ここで、来ている患者さんになぜ、この様な病気になったのか?その原因と、なった後の病院などの治療で更に悪化している状態を見て、その実態を把握しようと挑戦したのが当研究所の発端です。

 AWGを取り入れていく内に開発者(松浦優之医学博士)に半ば師事したことで、ウイルスの生態を掴む事ができました。松浦博士は更にソマチットの日本における第一人者であり、ソマチッドの発見者はガストン・ネサンと言うドイツの医学者です、(後カナダに亡命)ネサン氏は樹木の葉からソマチットを抽出したのですが、松浦博士はAWGの弱い素粒子から被義者の身体に直接発生させるものでした。
*この素粒子理論とソマチットの関係は(噂されている)メド‣ベットの基本となるようなものです。

@1この様な経緯の中で、ウイルス論に変えます。ウイルスの形状は表面が硬く突起をもっていますが、実は未だ生物では無く、例えて言えばゴマや植物の種を思い出して頂くと解りやすいです。ただナノサイズの微小なため、電子顕微鏡で無いと確認が出来ません。

@2、ウイルスそのものは体に入ってもそのままでは何の影響も及びません。ただ、種子である為、自分が生存できる土壌があれば発芽して生物になるのです。この発芽する時土壌である細胞からRNAかDNAを奪ってそこで生物として発芽(着床)し、株を広げます。

@3,これは宿主(人)にとっては、その部分の機能が遮断することですから、ウイルスの生命力が強ければが宿主は死にいたるのです。これを表示すると、
 aウイルス(種子)>b宿主に付着>c体内に侵入>d最適の土壌を発見>e着床>発芽>f成長>g2次的な種子を拡散
・・・を繰り返し、この間に宿主が絶えれなくなったら死亡・・・となります。
 *なお、2次的な種子の拡散の時には、新種が出来る可能性が高いのです。

@4、この対策としてワクチンが開発?されました。ワクチンはこの種子(ウイルス)を殺すことはできません、この種子を殺すことは人間の細胞を死滅させるほどの毒薬で無ければ出来ないのです。
 そこでワクチンの働きはこの時の宿主(人)の土壌をこのウイルスが嫌う状態に変える事しか出来ないのです。この事は既にこのウイルスに抵抗出来た宿主のDANを培養して量産し配布する必要があります。1年や2年では出来ないのです、今は模擬的にAI等を使って作ってるそうですがこれも怪しいとおもいます。

解決策1,この様な面倒な事をしないでも、AWGを照射すればウイルスはたちどころに殺滅できます。その時の宿主(人体)の細胞は無傷で行えます。ただ一人当たり数時間を要するのでこの器械を自宅で購入することをお勧めいたします。

解決策2、当社開発の氣億水を利用すると、もっと簡単です。これは60兆個の細胞それぞれにあるオートファージーシステムを活性化する方法です。上記b.c.d.e.までの時間にオートファジーが現れると、即座に細胞内のウイルスや毒素を分解して食べてしまうのです。その材料で自分の細胞を再生させてしまう事がオートファージーシステムなのです。

@5,ただし、このシステムは常には隠れていて、現れて来てはいません。(不活性状態)
  これを活性するためには、氣億水を付けて大自然の氣を集めなければなりません、処方は至って簡単です。hボデーと頭に降り注ぐように付ける。iウイルスと戦っている場所を確認しその場所に氣億水を降り注ぐ・・・。これだけで数分後には何もなかったように回復します。

@6 常に予防のためと細胞の毒素を取るために、上記hの手当を励行する。

 いかがでしたでしょうか?この方法は注射もせず副作用も皆無です。もうコロナパンデミックは皆無になります。

 この事を北海道知事や地元の国会議員に報告し進めましたが、聞く耳を持ちませんでした。却ってそのような事を言ったら、薬事法で処罰されますよ・・との警告でした。民衆の事なんか考えていないんですね。この事は2020年の2~4月の頃の行動でした。

解決策3,もう間もなくWHOが解体されます、役員は逮捕されるでしょう。従来の医療行為は医師は傷害罪か殺人罪になる可能性があります。恐ろしくて治療に勤しむ医者がいなくなります。大型病院が倒産します、当然、そこの従事者も職を失うでしょう。すでに社会的問題が発生しております。

@6、大量の失業者が発生し大手雇用先が消えて行きます。増々税金や公共料金が上げられ庶民は更なる地獄に落ちて行きます。この時のために企画したプロジェクトがあります。

解決策4、ここで企画したのがキユケンYTK同盟です。コロナ禍を抑えながら予防医学の塾生を増やすシステムです。知識が無いから、いらぬ恐怖を覚え、知識がないから、そこから脱出する方法も知らず、それでいて全て知っている振りをして、右往左往しているのが現代人です。

@7,これは予防医学塾という中で代えて行かなければなりません。行動してくれる同士にはその行動費も与えなければなりません。・・・このYTK同盟のプログラムにはそれらが皆、仕組まれているのです。

ここで、そのチラシと呼び込みのFax原紙を同封いたしましたので、熟読の上地域の皆様のお役に立てて挙げてくださいね。

キユケン 代表 宮田 環太郎

このページのトップヘ